ピルには避妊だけではなく、生理痛の緩和や生理日のコントロール、ニキビなどの肌荒れの改善などにも効果を発揮する副効用を持っています。もちろん、その副効用を目的に使用する方もいます。ピルを正しく使って生活をより便利にしていきましょう。

避妊薬ピルとニキビを気にする女性

ピルを服用中膣内射精しても病気の予防はできない

セックスの際、射精時に膣内ではなく寸前に膣外に射精すれば妊娠しないと思われている人が多いようですが、実は射精を我慢することで精子の前に分泌されているかカウパー腺液にも精子は含まれているため、避妊にはなりません。

コンドームなどの避妊具を装着することなく射精したいのであれば、女性にピルを服用を求めるのが良いでしょう。

ピルは、生理期間である7日間を除いた21日間毎日服用することで避妊効果を得る避妊薬です。

避妊効果以外にも、女性特有の体の不調にも有効だとされており、子宮内膜症や重い生理痛、PMS、月経過多や更年期障害など、女性ホルモンの影響で起こる体調の崩れに効果があります。

また、子宮や排卵を休ませることで子宮体がんや卵巣がんなどの発生リスクを軽減する効果もあり、最近では避妊目的以外で服用する人も徐々に増えてきているようです。

ただ、飲み忘れたり飲み間違ったりすると、正常な避妊効果は働かず妊娠する可能性もあるので注意が必要といえます。

ピルの中には、生理期間の7日間の間もプラシーボ剤の錠剤が含まれていて飲み忘れを防ぐように工夫されている種類もあるので、ピル初心者の人はそういった種類のピルから服用してみるのも良いでしょう。

一昔前のピルに比べると副作用の心配も少なくなっているので安心して服用できることかと思われます。

ただ、ピルは避妊効果を得ることはできますが性感染症などの病気の予防をするわけではありません。

そのため、ピルを服用していてもコンドームを装着して居なければ性感染症にかかるリスクは当然ありますので、性病を予防したい人はあらかじめコンドームを男性側に装着してもらってからセックスを行うようにするのが望ましいといえます。