ピルには避妊だけではなく、生理痛の緩和や生理日のコントロール、ニキビなどの肌荒れの改善などにも効果を発揮する副効用を持っています。もちろん、その副効用を目的に使用する方もいます。ピルを正しく使って生活をより便利にしていきましょう。

避妊薬ピルとニキビを気にする女性

ピルを飲む間隔と食品のこと

ピルについては、様々な種類のものがあり、あまり有名ではありませんが、女性が「月経困難症」を改善する際にも、このようなピルが使われることがあります。

ただ、使う際には、厳しい使用制限と、飲む間隔などが医師から指示をされるため、それらに基づき、ピルをしっかりと飲まなければなりません。

また、このようなピルを飲んでいる時には、禁忌な食品として「グレープフルーツ」があげられます。グレープフルーツについては、ピルの効果を下げてしまうなどの作用が働いてしまうため、禁忌であるある食品とされています。

まず、ピルについては、女性ホルモンのバランスを整えることで、このような「月経困難症」を改善してくれる効果があるとされています。

そして、しっかりと決められた感覚で、薬を飲まないと、全く意味がないどころか、かえって吐き気などや胃痛、腹痛などを引き起こしてしまうことがあります。

そのため、産婦人科の先生などからは、ピルの扱いについて厳重に注意がされると同時に、管理をするためのケースなどが、一緒に手渡されることなどもあるほど、重要なお薬なのです。
誤って二度連続で、ピルを飲んでしまった時などには、間隔が短すぎるため、必ずすぐに、処方をしてくれた産婦人科の先生や婦人科の先生などに連絡を取り、どのような処理をしたら良いのか?を確認しなければなりません。

場合によっては、不正出血などが出ること等もあるからです。

また、禁忌とされているグレープフルーツを食べた時にも、女性ホルモンの働きを調整する役割が阻害されてしまうため、きちんと、先生に連絡を取ると同時に、いつ頃、どれくらいの量を食べてしまったのか、このようなことを報告し、今後の指示を仰ぐ必要があります。